FC2ブログ

遠い約束-また逢う日まで-

Ragnarok Online Gimle鯖で活動中のヤキトリ。RO、リアル事情、アニメ関係、音楽(ライブ等)書いていきます。

スポンサーサイト

-
SUZUME
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の集金

0 Comments
SUZUME

こんな告知がありました。



ベストアルバムでした・・・。
何枚売れるか私気になります!!!

スポンサーサイト

Dream Portから10年を経て

0 Comments
SUZUME

Kalafina関連で悲しみを背負っていた所へ差し込んだ一筋の光。
それはKalafinaの旧プロデューサーである梶浦由記さんの独立を追うように
立ち上がったFiction Junction Musicという個人事務所。

いつしかKeikoがここへ参加してWakanaとHikaruが後を追いかけて・・・なんて想像もしちゃいますよね。


そんな中、Yuki Kajiura LIVE vol.#14 "25th Anniversary Special"の千秋楽へ行ってきました。
旧事務所のゴタゴタが残っている中で発表されたライブでしたのでWakanaとKeikoは不参加。
Keikoの低音ボイスが無いと一体どんなコーラスになるのか、
そして25thなのでどんなSpecialが待っているかと思ったらアンコールで待っていましたね。

「砂塵の彼方へ...」

まさか生きているうちに聞けると思わなかった1曲をここで、今このタイミングで。
しかもゲストがRevoさん本人。梶浦さんとRevoさんのパートは原曲通り。
edgeとあんなに一緒だったのにはYKLiveのセルフカバーで聞けているし、Key of the twilightのエミリーVerはKajiFesで。
KajiFesから参加している自分としての忘れ物は「砂塵の彼方へ...」だけだったと言っても過言ではないですね。

そして、よくよく思い返せばDream Portから10年、つまりKalafinaの初お披露目から10年。

そんな中披露されたこの曲は何を意味するのか。
ファンとしては深い意味はなかったとしても勘ぐらずには居られないんですよね。


足跡も残さずに僕等は何処へいくのだろう
Good-bye dear freiend
もう一度会えると信じていたい


書いててなんか厨二くせぇ・・・と思ったけどそういう曲なんで、はい。
本当はKalafinaのファンクラブと運営がどれだけ酷いかを書いたんだけど、全部消した。
そっと心の奥底へしまい込み、また逢える日を楽しみにしています。

いつもの。

0 Comments
SUZUME

はい優勝!!
初優勝が担当の子でよかった。

夏葉優勝

実はしばらくやってなかったんですが、イベント報酬回収しにきたらあっさり優勝してしまった。
結局流行ガチャで大勝利だったわけで・・・。
流行1位のTopとLA取って、流行2位も調整頑張ってLA取れました。

優勝出来なかったらこのブログ一生更新されなかったんですけどね。

では、また逢う日まで。

------

そしてこの後、ウマのリリイベとSS3Aを両方とも外してグリーフシード真っ黒なやきとりであった。

いつもの。

0 Comments
SUZUME

シャニマスにお熱です。

fes.png

樹里×夏葉が最高すぎるからみんなにもオススメだ!
(なお、プロデュース樹里が居ない不具合)

灯織と真乃のSSRが当たったので優勝目指してあれこれ頑張ってますがどうにも決勝で勝てない。
最近は準決勝も勝てなくなってきている気がしてしょうがない。
流行ガチャで特化したステを引けないのもあるけど、
特化ステが2位の時に、1位のTopとLastをNPCに全部持っていかれると確定2位になるしもうどうにもならん・・・。
BadとNormalで調整してみるもののうまくいかず。

まだまだ四苦八苦しながら楽しめそうですね。

リセマラガチャは夏葉のSSRが来たら回しましょうかね。
優勝できたら記事更新します。

では、また逢う日まで。


KalafinaがKalafinaでなくなった日

0 Comments
SUZUME
あけまして春一番。

新年一発目の記事が3月になってますが気にしない。
今年もKalafinaにnZkと復帰したエイル。そして!ドームを控えたデレマスを推していきますよー!!


と、意気込んでいましたけどKalafina関連で少々欝気味。

前々から恐れていた事が現実になってしまいました。
Kalafinaのプロデューサーである梶浦由記さんがスペースクラフトから独立されました。

梶浦さんが作詞・作曲した曲を歌う事が、Kalafinaであり続ける理由だと思っていましたが、
もう追い続ける気力が無くなってしまった。
デビューからタイアップを除き全ての曲を作詞・作曲してきた偉大なプロデューサーで替えは効かないんですよ・・・。
Keiko脱退報道も既に出ていますが、過去にMayaの脱退もあるし人数の問題ではないんですよね。

「梶浦由記の居ないKalafinaはKalafinaではない」ということを上層部はどこまで理解してたんでしょうね。
アルシラの星大爆死とか記憶から消してますよね。

Keiko脱退報道に対してのFCメールはホントにクソだったし、事務所の対応には心底がっかりしています。
そして何より本人達の口から何も聞けてない。月末に10th映画の舞台登壇がありますがそこで何かを語ってくれることを祈ります。
そして二年ぶりのYKLiveを期待しています!

・・・気づいたら愚痴ばっか書いてたけど今年もよろしくお願いします!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。