地震の恐怖。

せっかくの海外旅行は自然の猛威には勝てなかった。成田空港発の便は9割近くが欠航。
無論自分たちの乗る便もなかった・・・


地震発生時自分たちは高速道路湾岸線の橋の上。最初はずいぶんとでこぼこした道だ・・・とおもっていたけれど
周りの反応をみるとどうも地震らしく、初期微動がきてからすぐに主要動がきてバスがあうやく倒れるところだった。橋の下は川。本当に死を覚悟した・・・

なんかのアトラクションだとか言ってるバカもいたけどそんな言葉出るわけがなかった・・・


余震がきた第2回目の時は下が普通の道路・・・
こんな短時間で2回も死を覚悟した事はなかった・・・


すぐに、黒煙が見えワンセグをつけるとお台場で火災が。本当に日本は大丈夫かと本当に思った。




バスは少し進んで完全に止まることに。この時点でフライト時間にはほぼ間に合わない気がした。
その後完全に成田空港が閉鎖状態に。オーストラリアに行くのはほぼ不可能に・・・
24hバスの中はさすがに疲れた。


その後バスの中で一夜をすごし、帰宅することに・・・



いろいろな情報が飛び交う中、家に帰宅すると死者が1000人を軽く超えているとのこと。
行方不明者もまだたくさんいるらしいです。
今まで他人ごとのように考えていたけど今回で自分がその立場になるかもしれなかった・・・





そんな中でもうれしいことがありました。
気になる方は続きを。








足止めを食らっている間に寄ったパーキングエリアでの話。


売店のおじさんがおにぎりを作って配ってくださった。
某牛丼チェーン店の方もお店の牛丼を無料で提供してくださった。
レジのおばさんがお菓子を持たせてくれた。



修学旅行にいくことができなかったけどあっちで得るものよりも大切な事を学んだ気がした。

実際に自分があの立場にいたら本当に同じことができただろうか?本当に命の危機に立たされている人をみかけた
ときに自らを犠牲にして他人を助けることができるだろうか?メリット・デメリットによって行動を決めている自分はどうなのだろうか?


こんな自分を戒めることができたのかもしれない。実際近くの公共施設でのボランティアを今月の中旬にやることにしている。

これを境になにか変るかもしれない。


いや今の自分を変えていかなければならないと思った。





追記:修学旅行は延期?!みたいでどこかしらいけるかもしれないzzz






スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/03/13 19:47
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。