リーダーシップ

  • Day:2011.10.23 17:49
  • Cat:RO


自分は自分勝手であって、自分が間違っているのだろうか?

「多少の融通がなんで聞けないんだ・・・」
と思うことは、甘えなのだろうか。それでも結論から見れば甘えなんだと思った。


社会に出れば理不尽な事も多々あると聞く。どんな先輩に聞いても必ずそう答えていた。
こんなことで一々腹を立てていてはどうしようもないかもしれない。でも我慢の限界だ・・・なぜ?と思うことも見逃してきたが文面だけで見たらどう考えてもイライラをぶつけられている気しかしない。自分も人間である。いつまでも平静を装うことはできない。
結果的には逃げる形になるのかもしれないけど、時にはそうした方がいい場合もある。


そんなかんじの、高校生の戯言です。
追記は「リーダーシップ」について。書いてて思ったけどあんまり伝えたいことがわからないかもしれないので「へぇ~。そうなんだ」的な感じで流してくれると幸いですww





大学の志望理由書で「リーダーシップ」という言葉があったのでちょっとググってみた。


あるサイトを見たら、リーダーシップの5原則なるものがあった。

1、相手個人ではなく事実に焦点を当てて話す
2、相手の自信と自尊心を尊重する
3、周囲との建設的な関係を大切にする
4、改革・改善のためのイニシアティブを発揮する
5、自ら実践して模範を示す


なるほど。大きな題名だけでみたら自分は理解に苦しんだが、そのあとにこんな意味だと詳しく書いてあった。
中でも気になったのが2.3.4のところに書かれていた内容である。


2、 部下は当然、「子分」や「子供」「奴隷」ではありません。役割として、リーダーの部下を演じているだけです。彼にもプライドがあるのです。そのプライドを大事にしてあげる。彼の自尊心を大事にしながら、命令を下していく事が大事になってきます

3、チーム内の喧嘩や対立を収めて、建設的な関係を創り出すように調整していくことが大事な役割になってくるのです。 
C 相手に、「~すべき」「~でなくてはならない」と自分の意見を押しつけるのではなく、誠実なコミュニケーションを心がける

4、改革や改善が必要ないのであれば、リーダーは不要かもしれません。
人は、変わることを嫌がります。だからリーダーがいるのです。リーダーの仕事とは「改善・改革」を行う事なのです。
改善や改革に対して、自分なりのビジョンを持ち、それを語りかける事が、リーダーシップのスタートです。改革ビジョンに共鳴して、人が集まってくるのです。そして、「この人についていこう!」という気持ちが沸き起こってくるのです。改善や改革への熱いビジョンがない人に、リーダーシップなどがあるはずがないのです。


当たり前のようでできない。もちろん自分もそうである。自分はまだ未熟であって学ぶべきことが多い。この先人の上に立つことがあるならば当然心がけていきたいことである。
人の上に立つことはとても重要な事だと思った。会社の社長なら社員全員の生活を背負っているわけだしね。

結局は理想論になるわけだけど、
時に嫌われ、時に好かれるそんな存在でいたい。


自分はあんな風になりたくない。


参考文献:「モチベーションは楽しさから」   http://d.hatena.ne.jp/favre21/20080516
スポンサーサイト

Comment

頑張れ焼き鳥!
融通が利かない人がいればこういう人もいるんだなって感じでスルーすればいいぞ。
難しく考えるな!!
世の中いろんな性格があって
いろんな人がいるからな。
まー、残りの高校生をたのしめ(^Д^)
  • 2011/10/24 22:29
  • 謎の人
  • URL
Re: タイトルなし
>謎の人さん

コメありがとです!
まぁ、世の中いろんな人がいますよね。十人十色w
難しく考えずにがんばります!
残りの高校生活もあともう少し・・・楽しんでいきたいです!

  • 2011/10/25 02:17
  • suzume@ヤキトリ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。